J.A.R.I NEWS

ニュース
/ / タイ人ファミリーの訪日旅行に密着(1-2日目)
2016.04.26

タイ人ファミリーの訪日旅行に密着(1-2日目)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_8528

毎年4/13〜4/15は、タイの旧正月ソンクラーン。タイでは会社や学校が休みになるため、旅行に出かける人が多く、訪日観光客数もこの時期がピークになります。とくに訪日(インバウンド)タイ人が多い東京ー河口湖(富士)ー京都ー大阪のゴールデンルートを中心に日本各地に多くのタイ人の姿を目にすることができます。
さて、2016年のソンクラーンも無事に終了。今年のソンクラーン、私はタイから訪日されたティラパットウォンさん一家の旅行に密着してきました。ティラパットウォンさんは、バンコクでベアリング製造業を営む60代の紳士です。今回は奥様とご子息(5人)、そして長女の旦那様を合わせて8名様での家族旅行です。飛行機はビジネスクラス利用、ホテルは4星というセレブ!の一部始終を、今回から数回に分けてお届けしたいと思います。


はじめての東京に興奮気味

10810939_m

ソンクラーン前夜の4/11日の夜。一家が降り立ったのは羽田空港。スケジュールでは夜9時過ぎの到着予定が、強い風の影響か1時間早着。しかしティラパットウォンさん一家が到着口に現れたのは夜9時半を少し回った時間でした。この時間帯は到着便が集中しイミグレーションで1時間並んだそうです。(最近の入管の混雑は深刻です)
少し疲れた表情の一家でしたが初めての東京に興奮気味。一家の日本旅行は3回目ですが、1回目は九州、2回目は北海道旅行ということで東京は初めてだそうです。
この日は夜遅い時間帯の到着ということで、そのまま幕張のホテルへと移動。実は都内のホテルを希望されていたご一家ですが、都内のホテルはソンクラーン休みで日本を訪れたタイ人をはじめ外国人でどこも満室。最近は幕張や成田界隈のホテルに宿泊されるケースが目立つようになってきました。


さっそく食べ歩き

IMG_8517

2日目は朝8時半にホテルを出発。この日の行程はホテル(幕張)ー鎌倉大仏・小町通りーイチゴ狩り(小田原)ー箱根・芦ノ湖を経て河口湖のホテルへ移動というハードスケジュール。
幕張から1時間半ほどで到着した鎌倉大仏で一行の興味を引いたのが「タイ皇太子が植樹した松」。大仏様との撮影もそこそこに、件の松を背景にして盛んに写真撮影に興じていました。鎌倉大仏のあとは定番の鶴岡八幡宮に行くのかと思いきや、鎌倉駅から伸びる小町通りという商店街を散策。そこで彼らの目に止まったのはソフトクリーム。この後すぐ昼食が予定されているのですが、そんな事は御構い無し。タイ人の食べ歩きに対する情熱?にはいつも圧倒されます。


お昼ご飯もキッチリ予約

IMG_8523

昼食は鶴岡八幡宮横にあるうどん店「里のうどん」さん。ところでタイ人訪日旅行の特徴のひとつが訪問場所をタイを出発する前に決定していて、タイの旅行会社を通じて全て事前に予約を入れる傾向にあることです。里のうどんさんはバンコクにも数店舗出店されているとのことで、そのあたりの安心感も今回選ばれたひとつの要因なのかもしれません。


フルーツ狩りはキラーコンテンツ

8867650_m

名物のしらす丼定食を全員完食した一行。次なる目的地は小田原にあるイチゴ農園です。「日本に来てまでイチゴ狩り?」と思われる方もいるかもしれませんが、フルーツ狩りはタイ人のみならず、アジアからのインバウンド客にとってはキラーコンテンツのひとつ。とくにイチゴやみかんのようなタイでも同じ種類のものが栽培されているものの日本バージョンを食べてみたいという欲求や、大粒のイチゴや桃などビジュアル的に可愛い果物と一緒に写真に収まりたい(SNSにアップしたい)という欲求があるようです。30分ほどイチゴ狩りを堪能。唯一彼らが残念がっていたのが入場料(1時間1500円)に対して持ち帰りをするとかなり高額なこと。具体的な金額を書くことは控えますが確かにかなり高めの料金設定ということで、一行は持ち帰りはせずに次の目的地芦ノ湖へと向かいます。


小雨の芦ノ湖

IMG_8527

小田原から小1時間で箱根へと到着。タイ人の箱根旅行と言えばロープウェイで小涌谷へと登り黒タマゴを食べるのが定番ですが、残念ながら1年前の噴火の影響で小涌谷への立入りが規制中とのことで、今回は芦ノ湖遊覧船に乗船。本来は元箱根から湖尻まで40分ほどのクルーズを楽しむ予定でしたが、残念ながら雨模様。景色が楽しめないとの事で急遽箱根園までの15分クルーズへと変更になりました。船中は景色を眺めるでもなく皆さんウトウト。クルーズが不調に終わった鬱憤?からか箱根園では土産物屋で買い物スイッチが入った模様。


箱根園で購入したものは?

IMG_8531

まだ実質1日目ということで、タイに持ち帰るお土産というよりは道中につまむお菓子類が中心。とくにワサビを使ったお菓子や、イカ煎餅、エビ煎餅がお気に入りのようで1万円近くのお買い上げ。つまみ食いにはお金を惜しまないのがタイ人の特徴です。


カニ爪に舌鼓

IMG_8536(2)

箱根園からさらに走ること1時間半ほど。河口湖畔のホテルに到着。以前のエントリーでも触れましたが河口湖はタイ人に大人気の観光地。この日はソンクラーン休暇初日とあって道行く観光客の半分以上がタイ人という賑わいぶりでした。夕食はブッフェ。一行が宿泊したホテルでは(別料金ですが)タイ人は日本で食べたい物ランキングの1、2を争う?蟹爪をオーダー可能。見たところ一行だけでなく他のタイ人客もタイから持参したナムチム(唐辛子の入ったタレ)と一緒に舌鼓を打っているようでした。


長い一日を終えて

鎌倉、果物狩り、箱根そして河口湖を1日で「つまみ食い」しながらの旅行。日本人の旅行では考えられないような旅程ですが、タイ人(やアジア人)の旅行では定番のひとつ。忙しいように感じますが、朝から晩まで予定がビッシリだった一昔前の(日本人の)海外ツアーとよく似ているのかもしれません。
次回は3日目(河口湖、富士吉田、御殿場)の様子をお届けします。

CATEGORIES : News インバウンド ソンクラン 爆買い